消費者金融の概要と、その借り方の流れについて

消費者金融といえば、かつては危ないイメージが強いものでした。
しかし、テレビコマーシャルなどのクリーンなイメージや、
悪徳業者の取り締まりの強化によって、ずいぶんと身近なものになってきました。
もし消費者金融を利用するのであれば、
借り方について細かく知っておく必要があるでしょう。

消費者金融の借り方

消費者金融の借り方としては、まず最初に、審査を受ける必要があります。

返済能力があるかどうかについて、
業者側に書類を提出して、審査をしてもらいます。

これから説明するのは消費者金融に共通する点ですので人気の銀行系カードローンは流れが若干異なります。圧倒的な違いは「仮審査」と「確認」の差でしょうか。体感してみないとわかりずらいですが銀行系はちょっとうっとうしいくらいの時間がかかる場合があります。(ケースバイケース)

申し込み方には種類があり、

・店頭窓口
・電話対応
・自動契約機
・インターネット


などの方法があります。

店頭や電話で申し込む場合は、店員の指示に従って手続きを行うのが良いでしょう。
自動契約機で申し込む場合は、免許証などの業者が提示する
必要書類を持参する必要があります。

画面の案内に従い操作を行えば審査が始まり、
結果が出るまでおよそ30分から1時間ほどかかります。
以上の審査を通過したら、契約書とキャッシングカードが発行され、
融資を受ける準備が整います。
(ただし、消費者金融の業者によっては、キャッシングカードを発行しない場合もあります)

店頭か電話での消費者金融の借り方は、振込を依頼する方法が一般的です。
また、キャッシングカードの借り方は、その業者のATMか、
もしくは提携しているATMにて、カードと暗証番号を入力する方法をとります。
なお、消費者金融からの借り入れは、ほかの借り入れと異なり、
お金の使用用途を問われません。

他の借り入れ方法では、ATMで融資を受ける際に使途を入力しなければならないことが
あるのですが、消費者金融はそうした必要がなく、自由に使うことができます。

そして、消費者金融を利用した証明として、利用明細書がその場で発行されます。
これには、借り入れした日付、返済期日、利用残高が記載されています。
計画的な返済を行うためにも、こうした利用明細書は保存しておくのが望ましいでしょう。

COPYRIGHT© 2013 教えて!消費者金融. ALLRIGHTS RESERVED.