誰にもばれないで知られないで借りるには

消費者金融を利用していることは誰にも知られたくない。
職場の上司や同僚はもちろん、家族、子供にも内緒で借りたい。
こう考えるのはとても普通のことです、恥ずかしいことじゃないですね。

店頭や無人契約機に入るところを見られちゃったりしたら、まあばれちゃいますけど、
最近はPC・スマホでの申し込みが主流です。それでもばれちゃう原因となるのは、
在籍確認の電話、カード・利用明細・契約書などの郵送物、ぐらいでしょうか?

在籍確認なしで借りることはできるのか

職場で知られてしまう要因は、やはり審査時にかかってくる在籍確認の電話。
この電話は「消費者金融のものですが・・・」なんて言ってかけてくるわけではないです。
もしかしたら昔はそういった電話確認をしていたこともあったかもしれませんが、
現在では個人名でかけてきて、「○○さんいらっしゃいますか?」という形。
申し込んだ人が本当にその会社に在籍しているかどうかが確認できればいいわけで、
会社の人が「ただいま席をはずして・・・」などと対応したなら、
その会社に勤務していることが確認できますよね。それだけなんです。

申し込み者あてによく電話がかかってくる環境にあるなら、怪しまれることもありませんが、
普段ほぼ電話がかかってこない環境の職場だと、
「なんだろう?怪しいな。もしかして消費者金融とか?」みたいな話になっちゃいますね。
確実に内緒にしておきたいなら、在籍確認の電話なしで貸してくれる業者がいいですね。

基本的には在籍確認の電話は審査において必須です。
ちゃんと会社に在籍してる人でなければ返済能力があると見做されません。
だから貸付条件の中で在籍確認の電話なしと謳っている業者はほぼありません。

カード、契約書、利用明細など郵送物が送られてくると困る

借入時には業者と契約を結ぶことになります。契約するんですから契約書が必要になりますね。
またカードローンとも呼ばれてる消費者金融での借入ですから、カードが発行されます。
そしてさらに借入額、返済額、借入残高、返済予定などを明記してある明細書。
これらが自宅へ郵送されてくるのは当然といえば当然ですね。

カードそのものに関しては、ウェブからの申し込みでも
無人機か店頭かでカード発行することを選べば、
その場でカード発行が可能ですが、誰にもばれないという趣旨からは外れてしまいます。
やはりカードが存在する時点で厳しいです。

契約書と明細書に関しては、ウェブ上の会員ページなどで確認することができるので、
郵送なしという選択ができる業者もあるようです。

さて、このように考えてみると【誰にもばれないで】借りるということは、
かなりハードルが高いということがわかります。
では、そういったニーズに応える業者はないのかといいますと・・・

モビットのWEB完結申込

唯一モビットWEB完結申込だけは、三井住友銀行か三菱東京UFJに
普通口座を持っていることを条件に電話による在籍確認を免除しています。
これは該当の口座を持っている段階で、すでに在籍確認がとれているからです。
ですので厳密にいうと【在籍確認なし】ではなく【在籍確認の電話なし】となります。

さらに契約も明細もすべてWEB上で行う形になり、追加での融資もWEB上から
申し込むことになりカード発行そのものがありませんので、自宅への郵送物もありません。

誰にもばれないで借りるなら、モビットのWEB完結申込が
もっとも適した借入先といえますね。

COPYRIGHT© 2013 教えて!消費者金融. ALLRIGHTS RESERVED.