消費者金融と提携銀行の関係はメリットが多い

消費者金融の中で、消費者金融単体で経営が成り立っている大手というのは、
今や少数派です。
大半の消費者金融は、今や提携銀行を持っております。
消費者金融と提携銀行、この提携にはどちらにもメリットがあります。

消費者金融のメリット

まずは消費者金融側のメリットです。
まずは、財政基盤が安定するということです。
消費者金融単独ですと、どうしても財政基盤が弱いものです。
収入源がキャッシングの金利と各種手数料くらいですので。
だからといって、支出が劇的に減らせているかというと、
そういうわけでもありません。

システムの構築などで結構お金がかかっているのです。
そんな時、提携銀行があれば、その銀行からの財政出動というのもあります。
次のメリットとしては、信頼感を得られるということです。
消費者金融というと、とかく「うさんくさい」や「強引」というような
イメージがついて回るもの。
現実とは乖離したイメージであっても、それは残ってしまうものです。
そこでイメージアップとして欠かせないのが、提携銀行。
大手銀行グループの消費者金融ともなれば、
消費者も安心して通ってもらえるのです。

提携銀行にメリットはあるのか?イメージが悪くならないの?

もちろん、提携銀行側にもメリットはあります。
それは、消費者金融のインフラとノウハウをそのまま使うことができる、
ということです。

昨今、いくら銀行とはいえ、住宅ローンの金利や各種投資に運用だけでは、
なかなか利益が上がりません。
そこで最近では、銀行もカードローンやキャッシングの分野に
進出をしています。

しかし、こういったカードローンやキャッシングというのは、インフラ整備が大変です。
銀行の場合は、そのまま銀行ATMを使うことができますが、
それだけではありません。
ATMにカードローンのシステムを入れないといけません。
しかしそれにもノウハウというのが必要になります。
そこで消費者金融がいれば、そのノウハウを提供してもらえますし、
なんなら消費者金融のインフラをそのまま拝借することもできるのです。

COPYRIGHT© 2013 教えて!消費者金融. ALLRIGHTS RESERVED.